2014年06月23日

ペペとチン


どうもです。

いつもの如く映画感想ブログです。
前回の更新から新たに5本観たので感想をすらっと書きたいと思います。
X-MENはほんのちょこっとだけネタバレあるかなぁ・・

そして父になる
2013年公開の映画でしたが、「もらとりあむタマ子」と同様に再上映の機会があったので観に行きました。評判通り素晴らしい映画でしたね。子供の取違いがテーマではあるのですが、起きた問題に対しての深みはそれほど無いと思いました。福山雅治演じる不器用な父親、良多の成長譚として観た方が正しいかと思います。裕福な家庭と貧しい家庭の対比・・のような感じで物語の設定は良くも悪くもですが非常に分かりやすい印象です。一方で子役の自然な演技、そのディテールの細かさなどは上手に表現されていました。全編通して引き込まれていく魅力に、笑えるシーンも気が利いているというか・・やっぱりワールドワイズな作品なんだなぁというのを実感しましたね。

ラッシュ/プライドと友情
こちらも再上映の映画で、そして父になると一緒に観てきました。
1976年のF1世界選手権を中心にしたジェームス・ハントとニキ・ラウダという実在する選手の物語です。特別な思い入れはありませんが良作だと思いました。緊迫するレースシーンは息を呑みましたし、ハントのボンクラ具合は良かったし、ラウダの治療シーンは直視出来ないくらい痛々しいし、生々しく描かれていました。この二人の友情はベタベタしたものでは無くハードボイルドと表現した方が良いですかね。

晴天の霹靂
原作は劇団ひとりの小説。本作では監督と主人公の父親役として出演も務めています。主演は大泉洋。
もともと劇団ひとりのファンでもあるし、「陰日向に咲く」も読んでいたので(映画は観ていない)期待して観に行きました・・が、期待通り!笑 本当に素晴らしい作品でした!劇団ひとりって本当に多才なんだなっていうのを再確認した気がします。主演の大泉洋も本当に素晴らしいの一言です。4ヶ月かけて練習したっていう手品はどれもプロ顔負けの腕前でしたし、演技の幅が本当に広い。決して二枚目では無いですが、そこも良いですよね。ストーリーは、生きる意味を改めて考え直す感動系の話です。その中に劇団ひとり特有の笑いの要素があったり、カメラワークや編集などの映画的な魅せ方が上手く取り入れられていました。特にラストの手品と出産のシーンはオチも含め巧みというか本当に上手いし美しいです。エンドロールで流れるミスチルの歌も良かったですね。「風立ちぬ」のひこうき雲以来ですか、そこだけで泣いてしまいました。とても映画の内容と合っていて素晴らしい曲でした。芸人が撮る映画というのはあまり評判が良くないものが多いですが、晴天の霹靂は自信を持ってオススメ出来る傑作だと思います!

X-MEN: フューチャー&パスト
X-MENシリーズはだいたい見てきましたが、ウルヴァリンのスピンオフ的な作品は見れてないです。まぁ見てなくてもそんなに支障は無いと思いました。僕は特に前作の「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」が好きですね。今回のフューチャー&パストもシリーズ物の集大成として非常に良く出来ていたと思います。いきなり結末の話をしてしまいますが・・潔いなぁと思いました 笑。あまり詳しくは書きませんが、下手したら過去のシリーズは無くても良かったんじゃ?と思えるくらいの潔さですよね。僕は良いと思いましたけど。あとはミスティーク(レイヴン)というキャラクターの扱いが印象的でした。彼女は生まれた時から青い肌のミュータントで人一倍コンプレックスがある描かれ方をしています。そんな彼女だからこその胸がすくようなあの結末。良いですね。

そういえば意図せず晴天の霹靂と同じくタイムスリップものを続けて見てましたね。ウルヴァリンと轟晴夫(大泉洋)、どっちも過去に行って自分の運命を変える結果になりました。

グランド・ブダペスト・ホテル
全編オシャレな雰囲気で完成度の高い映画だと思いました。後は好き嫌いでしょうか。嫌いじゃないけど・・んー自分は普通でしたね。舞台のロケーションは良いと思いましたが、大体ホテル外での出来事が描かれているので、あの可愛いホテルが目的だった自分は少し残念でした。あと意外とグロい描写もあったりして、そういうブラックジョークは良かったですね。

以上です。
特に「そして父になる」「青天の霹靂」は良かったですね。どちらも邦画ですか。
近年は邦画も良作が多くて良いですね。青天の霹靂はお客さん満員でしたよ。

来月はマレフィセントに注目しています!
眠れる森の美女はディズニーの名作ですが、そこまで良いとは思ってなかったりで 笑
雰囲気は好きですけどね。まぁ・・それはまたの機会に

ではでは



posted by あすま at 01:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。