2013年12月07日

かぐや姫の物語


〜ネタバレを含む話が出てくるので・・まだ見ていない方はご注意を〜

かぐや姫の物語見てきました・・!
予告の時から思ってたのはPS2のゲームの大神に似ているなと。絵の雰囲気が。
大神大好きなので、結構期待して観に行きましたが・・

やはりすごい良かった!です!

まず、何においてもかぐや姫が本当に可愛い!
高畑監督の女の子はやっぱり良い!笑
僕は同じく高畑勳さんが監督された「おもひでぽろぽろ」がジブリの中でも結構好きな作品なんですが、その中に出てくる主人公のタエ子がとても可愛らしくて、とても女の子らしく描かれていて大好きなんです。

宮崎駿さんが描くような女の子とは全く違って・・笑

というか作家性、作品の本質から違うと思いますが。
高畑さんの描く現実的などこにでもいるような女の子の方が僕はどちらかというと好きみたいです。とてもリアルに上手に描かれますしね。結末は悲劇的ですが蛍の墓の節子も同じ理由で良いなぁと思います。

今回のかぐや姫は思いっきり笑ったり、顔を歪ませて泣いたり、すごく冷めた表情になったり、あるいは・・さっきまで笑っていたのに、次の瞬間では神妙な顔になってしまったり・・と、表情の移り変わりがとても印象的で、多感な時期の女の子の心情を深く巧みに表現されていたと思います。
また、合わせてかぐや姫を演じてた朝倉あきさんも素晴らしかったです。声のトーンといい演技といい高畑さんの要求にバッチリ応えてみせる、非常に表現力の高い役者さんだと思いました。

女の子以外だと(竹取りの)翁も印象的でしたね。
終盤の翁がかぐや姫の告白を聞いて涙を流すシーン。あそこの泣き方がすごくおじさんくさい涙の拭き方で、心にぐっと来てしまいました。遺作となってしまいましたが、地井さんも名演でした!

そのかぐや姫の告白のシーンですが・・
個人的にはこの映画で一番好きなシーンでした。

「私は何の為に生まれて来たのか分からない!」で思わず号泣です(ixi)

確かに、よく考えてみれば竹取物語のかぐや姫って何の為に竹から生まれて、地球で得た幸せって何だったの?って感じで月に帰ってしまいますよね。そんな核心的な事を本人が叫ぶんですよ!心にずっしり来るものがありました・・!

後は・・蛍の墓の野菜を盗むシーンありますよね?
今回のかぐや姫にも出てきました;
いやーな感じです 笑

長くなりましたが最後に・・
宮崎監督もそうでしたが、高畑監督の作品を映画館で見れるチャンスってまたあるか分からないと思います。
少々失礼な言い回しかもしれませんが;そう言った意味でも劇場で見るという事に価値があるのではないでしょうか・・!

ブルーレイも必ず買いたいと思います!

ではでは



posted by あすま at 02:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。